2013/07/21

やったー!! ULTEGRA WH-6800 来たよー!!


2013年に新発売されたアルテグラ・グレードのホイール、WH-6800です。

Bacchus 01はホイール抜きのセットで購入したので、これでようやくBacchus 01専用のホイールが来たことになりました。以前履いていたホイールはRNC 3用のR501-30.カタログ重量で(875+1126)-(700+940)=361グラムの軽量化。6800はリムテープが不要なことを考えるとだいたい400グラムのダイエットに成功したと言って良いでしょう。漕ぎ出しも軽いです。



いろんなブログで「ガンダムっぽい」と評されるハブ。リアハブは確かにガンダムっぽい。組んだ状態で見るとハブだけ謎の存在感があって「お、おう」と喜んでいいんだかよくわからない格好良さ。

ホイールのステッカーは鏡面加工っぽいシルバーでした。つまり鏡みたいなステッカーでした。角度によっては真っ黒やね!



走りに関しては剛性・重量・ハブのすべて改善されたので「良くなった!」としか言いようがないね。

走った感想は、トルクを掛けてムンッ!と踏み込まなくては進まなかったものが、足をくるくる回す走りで普通に走ってくれるようになった。あと低中速域~中高速域までの伸びが良くなったかな。この辺は剛性アップの恩恵なのかな。逆に言えば、びっくりするほど軽くはないので低低速では加速感がちょっと足りないし、リムが高い訳でも回転性能が滅茶苦茶良い訳でもないので高高速では伸び悩む感じなのかしら。デュラホイールはこの辺がかなり改善されてるんだろうなー。ホイールの特性がちょっとわかった気がする。

で、違いがわかると「R500持ってるなら次はデュラにした方がいいですよ」と言った人の気持ちがすごくよくわかる。400グラム軽くなって回転性能がこれだけ上がって走りがこれだけ変わるなら、デュラはこれぐらいすごいんだろうなっていうのが想像できるから…。

ただチューブレスを履きたい欲もあるし、次に高級ホイールを買う場合はクリンチャーとチューブレスどちらにするか――を試すためのホイールとしても良いんじゃないかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿