2013/02/11

Nexus 7で軽量コンパクトなネット環境を整える

Nexus 7で軽量コンパクトなネット環境を整える。

「ネットだけならマジでタブレットで充分かも知れないな」 
これは嘘だった。キーボードがない、というだけでTwitterでも何でもとにかく情報発信ができない。いや、Twitterで「おはありですー」と呟くくらいならキーボードも要らないんだけど、持論を展開するにはとにかくキーボードが必要。会話が展開されているなか、何も喋れないのはすっごいストレス。

という訳でNexus 7用にキーボードを買ったのであった。Microsoftから出ているU6R-00001.
こいつはカバーがそのままタブレットスタンドになるキーボードで、カバーの重さが200g,シリコンコーティングされて安定感があるし、持ち運び用途を考えるならこいつしか無いと思っていた。個人的に、キーボードとして使えるのはもちろんだけど、安定性のあるスタンドとセットっていうのが購入の一番動機だった。タブレットをずっと持ったままネットってすごく疲れるんだよね。

試しに特急電車のトレイに乗っけてドヤリングしてみたところ、特急程度の振動なら落ちる心配もなし、キーボードも使えてTwitterも捗るとなかなか悪くない結果。

しかし、IMEちゃんとchromeがアホなのか、google chromeの検索窓はほぼ確実にチャタリング状態(普通に打っても「ちゃっっっっっっっっったたたたたたたたたたたりりんんんんんぐ」となる。コンソールでは普通に打てているのでgoogle日本語入力かgoogle chromeが悪い)になるしキーボードのマッピングをちゃん認識してくれないのか英語配列なのに日本語配列で入力されちゃう…とかここに来て新たな問題が。

ガチな日本語入力端末として使おうとするとストレスたまりそうダナァ。

0 件のコメント:

コメントを投稿